京王電鉄1000系 5次車と6次車の違い

1033F搬入時に「6次車 1783編成」と印刷された紙が貼られ、ファンから注目された。
同じく現在搬入中の1034Fにも「6次車 第9(最終)編成 1784編成」という紙が貼られている。
1020系の搬入でこのような張り紙があったのは、2010年に搬入されたこの2編成だけ。
1000系6次車 クハ1784
1000系6次車は張り紙のあった1033Fからだと思われがちだが、実は違う。
京王は年ではなく年度で次車区分が変わるようなので、6次車は2009年度導入分の1026Fからとなる。

  • 5次車 2008年度分 1021F~25F 計5編成
  • 6次車 2009年度分 1026F~34F 計9編成

6次車は9編成なので1034Fの張り紙とも一致する。

5次車と6次車の大きな違いは無い。しかし、細かな違いは有る。たとえば顔。

▲5次車 1023F

▲6次車 1030F
顔をじっくり比較してみると、ある部分の処理の違いを発見できるでしょう。

1020系6次車
▲6次車どうしの並び

答えは車体下部。1023Fの裾にはわずかな段差があり、1030Fはストレートになっている。
そのほかにも細かい所を比べていけば違いが見つかるかもしれませんね 🙂

カテゴリー: News, 井の頭線 タグ: , パーマリンク