伊予鉄道3000系 クハ3305・モハ3105が搬入される – 2010年4月6日

2010年4月5日から6日未明にかけて伊予鉄道3000系クハ3305とモハ3105の搬入が、市内電車JR松山駅前〜宮田町電停間の軌道敷で行われた。
3000系第5・6編成は4月1日から3日にかけて京王重機整備北野事業所から横浜港の大黒ふ頭まで陸送され、3日の午前中から昼にかけて船積みが行われ出航。5日に電車を積んだ船2隻は愛媛に到着し、松山外港(三津浜)で3000系は陸揚げされた。

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲伊予鉄の新車は市内電車の軌道敷で行われる。 ‐ 2010年4月6日

昨日第5・6編成が予定通り営業運転を開始したようです。次の廃車が気になりますね。
連休で更新する時間が取れたのでやっとの公開。

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲クレーン2台が路面電車の線路脇に据え付けられ、2両分の台車を搬入する。 - 2010年4月5日

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲松山港を出発し、セミトレーラとポールトレーラに載せられたクハ3305が搬入場所に到着。 - 2010年4月6日

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲車体が吊り上げられ、トレーラがゆっくりと動き出す。

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲手押しで台車を車体の下へ。そしてゆっくりと車体が下ろされる。

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲一旦ジャッキの上に車体を乗せ、微調整や部品の取り付けを行っていた。

元営団のモーターカー(伊予鉄道3000系 クハ3305搬入)

▲宮田町電停では新車牽引役の元営団のモーターカーが待機していた。

伊予鉄道3000系 クハ3305搬入

▲冷房装置CU711Bが載せられた。スカートの無い更新顔を見ると3018Fのリニューアル直後を思い出す。

伊予鉄道3000系 クハ3505搬入

▲ディーゼル動力なモーターカーと連結し、古町の車庫まで回送された。

台車 伊予鉄道3000系 モハ3105搬入

▲横断歩道より交流電動機化されたTS-801B台車を撮影してみる。

伊予鉄道3000系 モハ3105搬入

▲日デの2デフトラクタによって陸送されてきたモハ3105。

伊予鉄道3000系 モハ3105搬入

▲モハ3105が吊り上げられているところをローアングル+広角レンズで撮影。

伊予鉄道3000系 モハ3105搬入

▲路面電車の線路に3000系。

伊予鉄道3000系 モハ3105搬入

▲モーターカーがディーゼルエンジン音を立てて車庫まで回送していった。

伊予の色に染まる空の管理人氏が来たのはクハ3305の搬入が終わった後で、ずっと来ないのかと心配してましたw
搬入後は氏の車で古町車庫まで連れて行ってもらい、暗い車庫内2両が車庫内に居るのを確認し、ヲタトーークしながら車庫の周りを一周。それからJR松山駅前まで送っていただいた。今回の弾丸ツアーでは大変お世話になりました。

伊予鉄道3000系

▲日が昇ったら軽く郊外電車を撮影。井の頭線上りの渋谷方車両は身動きが取れないほど混雑してる頃。

【関連】

カテゴリー: News, 伊予鉄 タグ: , , , , , , , パーマリンク