東京メトロ千代田線6000系 6135F 廃車解体

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
重故障を起こし廃車予定が繰り上げられ、昨年11月末に新木場へ回送されてきた6135F。
修理の上インドネシアに譲渡されるかなと思っていたら、残念ながら解体されてしまいました。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
1971年製の一次量産車6102Fが入場中で構内試運転を行っていました。解体される6135Fは1990年製。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
輪切りにされた6735号車地面に置かれているのを横目に構内試運転を行う6102F。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
鉄骨カッター付きのパワーショベルが鎮座。ボルスタを切り刻んでいたようです。
台車類は到着前に搬出されたようで、途中で台車を積んだトラックを見かけました。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
トラックに載せて北関東直行かと思ったら酸素バーナーで切断。アルミ車体だからか炎が青白かったです。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
21年で廃車解体。40年経っても現役、この差は一体。
1月中旬時点では6両が線路上に、2両が輪切り。2両が搬出済みでした。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
先月末、6135号車の解体が完了しスクラップが積み上げられていました。
まずメトロ側で方向幕やナンバープレートのファン向け部品とチョッパなど予備品の確保が行われ、
解体業者が内装、アスベスト、床下機器の順に撤去し、スクラップにされます。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
屋根のアンテナで先頭部だったという事が分かりますね。

東京メトロ千代田線 6000系 6135F 廃車解体
跨線橋から。6135Fは線路上から消滅しました。
もったいなく感じるのは平成生まれの6000系の解体だからでしょうか。
現時点で廃車は7編成。解体は6110F、03F、35F。譲渡は26F、15F、06F、12F。

カテゴリー: News, 東京メトロ タグ: , , , , , , パーマリンク