KAI Commuter Jabodetabek COMMET 発売再開

PT. KAI Commuter Jabodetabek - Kartu Commet
今年2月に発売されたジャボタベック圏のICカード、COMMET。長らく売り切れでしたが今月数量限定で再販。
カードだけの販売は無く、定期券と抱き合わせでの販売だったため滞在中で一番高い買い物となりました。

表面に東京メトロ7000系7117Fが描かれたCOMMETですが日本国内では使えませんのでご注意を。
試しに某地下鉄の自動改札のリーダーにかざしてみましたが反応はありませんでした。
日本の交通系ICで採用されているSonyのFelicaではないものの、NFC規格ではあるようです。

PT. KAI Commuter Jabodetabek - Kartu Commet
KCJの7000系と同じく8連の副都心線7000系とCOMMETの組み合わせ。
表面には16桁の数字が彫り込まれ、裏には注意書きとホログラムが入れられています。
日本人からしても高価な買い物ですが、東京メトロ6000系6本導入のご祝儀です。

また購入に際しては枚数限定のため今月発売分は既に売れ切れているかもしれません。
駅によって取り扱いの有無があり、さらにICカードの登録設備の有る窓口で購入しなければなりません。
また駅係員の教育が徹底されていないため扱いに不慣れで発行までには時間がかかりました。

ホテル最寄りの駅の自動改札はTUTUPでしたので、改札が生きていたCikini駅で早速試してみました。
リーダーにタッチしてから約3秒で反応するためSuicaやPasmoのようにはスイスイ行けません。
出入場記録はつけていないようで、有人改札でもカードを見せれば通過出来ます。

カテゴリー: KRL JABODETABEK タグ: , パーマリンク