武蔵小杉東急スクエア展望デッキの東急9000系

武蔵小杉東急スクエア 展望デッキ 9000系側面
武蔵小杉東急スクエアの展望デッキの壁は廃車の東急9000系から切り出された側面!
ご丁寧にパンツマーク社章とサハ9715の車番も取り付けられています。
サハ9715は昨年夏に解体場へ陸送されたので、切り出してここへ持ってきたのでしょうか?


無慈悲に吹き荒れる強風
近くで見てみたかったのですが無慈悲な強風により閉鎖されていました。残念。

武蔵小杉東急スクエア 展望デッキ サハ9715(?)側面
なのでガラス越しに撮影。
側面は幕板より下が切り出され、ドア部と窓部で分割され縁取りがされています。
サハ9715側の窓には路線図と滑走するのるるんのイラストが。(アルミナを撒いておきましょう)
その窓パネルの戸袋部分を見ると女性専用車ステッカーの跡があります。サハ9800後期車から切り出したのでしょう。
サハ9715と一緒に陸送されたサハ9815は長津田工場でステッカー類が剥がされ搬出されたので可能性ありそうです。

武蔵小杉東急スクエア 展望デッキ 9000系 裏面
裏側の構造がどうなっているか気になったのでどこか見える場所を探してみました。
ガラス窓部分には電照パネルが装着されており、全体に骨組みを隠す白い板が貼り付けられています。
ドア内側には広告が貼ったまま。解体場への陸送経路上にある施設のものでした。
ビスとボルトで留められており開閉は出来なさそうです。

カテゴリー: News, 東急 タグ: , , パーマリンク