JABODETABEK 103系全車両がデポック電車区に集結

PT.KAI Seri103 di Dipo DP
勝手に更新デポック通信です。2014年3月18日に約一週間ぶりにデポック電車区へ行ってきました。
構内をうろうろしているとどこからかブオーンと抵抗器のブロアー音が聞こえてきました。
目の前に現れたのは一昨日までボゴール電車区に留置されていた103系唯一の稼働編成のE20+21です。
17日から205系の運用数が2本増え計4本となったため、8連が余りボゴール電車区から追い出されたのでしょうか。
E20+21は通電中でしたが、留置場所が離脱・故障・部品取り車が留置されている一角に居たのが気がかりです。
私が去った後このまま電源が落とされていれば、今後の運用入りは見込めないかもしれません。
205系の営業開始編成も増えていますから103系を運用入りさせる必要もないでしょう。
職員の方の話では103系は予備とのこと。前回の検査から2年経ちますし今後検査を通すのか注目です。
E22とE27については床下機器の部品が一部取られていたので運用復帰は難しいでしょう。

PT.KAI Seri103 di Dipo BOO
3月16日のボゴール電車区の103系。この後プリオクに行ったため、いつ回送されたのかは不明です。

カテゴリー: KRL JABODETABEK パーマリンク