Home > KRL JABODETABEK > 埼京線205系 川14,25編成 インドネシアで営業運転開始 – 2014年3月17日

埼京線205系 川14,25編成 インドネシアで営業運転開始 – 2014年3月17日

2014年3月17日、インドネシア譲渡された埼京線205系川14編成と川25編成が営業運転を開始した。
KCJ Seri205 205-144F (川25編成)
営業初日の川25編成。撮影時点では運番行先非表示。
運輸省の厳しいチェックをクリアした川14と25編成も営業入りし、205系のデビューから2週間で4本体制に。
はなやかなジャボデタベック電車界にじわりじわりと埼京線出身車が増えつつあります。

マンガライ駅の埼京線205系とKCJ Seri205
川25入線前はデポックへ配給される埼京線カラーの川18と川15が並びました。
営業開始第一陣と第二陣では編成の向きの違いと、ジャンパ栓の蓋の色の差異がありますね。

KCJ Seri205 205-122F(川14編成)
18日の川14編成。運番表示は00K、行先表示は非表示。
運番表示器のコネクタが抜かれてしまっていると00K表示になってしまうようです。手動が定位です。
色々表示した後は編成番号+Fに戻しておいてください。

KCJ Seri205 205-144F(川25編成)
川25編成。編成札があると編成が分かりやすくて良いですね。運番と行先は非表示。
デポックでの改造時に行先表示の日本語が出ないよう小細工されているようです。
折角点くようにしてもパンタを下げバッテリーを切ると設定が無効になってしまうみたいです。

Jalur Saikyo COMMUTER Rapid di Stasiun Manggarai
表示器の電源が落とされていなければこのような表示が見れるかもしれません。

KCJ Seri205 205-92F(川4編成) Stasiun Depok Baru(DPB)留置
車庫を追い出されデポックバルで留置中の川4。駅外から205系並びを撮っておけばよかったですね。

Home > KRL JABODETABEK > 埼京線205系 川14,25編成 インドネシアで営業運転開始 – 2014年3月17日

Search
Feeds
Meta

Return to page top