MRTジャカルタ電車 第2陣24両が船積みされる

2018年8月3日、MRTジャカルタ電車の第二陣24両を積載した船が豊橋港を出港しました。
MRTジャカルタ電車 船積み
吾輩はMRTジャカルタ電車である。形式名はまだない。

MRTジャカルタ電車 船積み
出港前日に2編成12両が積み込まれ、出港日は残りの2編成12両が積み込まれました。

MRTジャカルタ電車 船積み
船はSE POTENTIA。
2009年建造の船でシンガポールの会社が所有し、船籍もシンガポールです。
デッキが赤くNordanaの船のような雰囲気がでていますね。
ex-nameを見てみたところBRATTINGSBORGとあったので南武205系の第一陣を積んだ船かと思ったら、その名前は建造から2年間だけ名乗っていたので南武の船と無関係ということがわかりました。

MRTジャカルタ電車 船積み
サンフランシスコ向けSMARTはマーフィーの上に載せられていたので、RORO船での船旅でしょう。
写真左ではMRTジャカルタ電車が本船のクレーンで荷役中です。
Sampai jumpa lagi.

おまけ
SUZUKI JIMNY(左ハンドル仕様) 本船積込
MRTジャカルタの隣りでは新型ジムニーの積込み中。
シエラはジムニーに対し生産台数が極端に少なく、納車まで数年待ちとのことです。港の様子を見ると、シエラの生産能力を海外向けの生産に割り振ったからなのかもしれないなと思いました。
8月25日21時の時点では、スエズ運河に向けて航行中なので、積み込まれていたのはヨーロッパ向けのモデルでしょうか。

カテゴリー: MRTJakarta タグ: , パーマリンク