Home > Tags > 京王5000系

京王5000系

伊予鉄道700系 モハ711 モハ722 廃車搬出陸送 – 2011年3月4日

2011年3月4日未明に伊予鉄道700系のモハ711とモハ722が市内電車軌道敷上で搬出された。
トレーラーに載せられた廃車2両は中予の山奥にある産廃業者の最終処分場まで陸送された。
20110304-1301
山間部に入ると3日夜に降った雪が残っていた。トンネル出口で陸送行列を待つ。
先に誘導車がやって来ると、誘導員により上り方向の一旦通行止め措置がとられる。
しばらくすると700系を積んだトレーラーが車道中央を走ってやってきた。

昨年末に伊予鉄3000系3007編成と3008編成が導入され、置き換えられた伊予鉄700系711編成と712編成。
廃車になった700系2編成6両は3月3日未明から5日未明までの3日間に渡り、2両ずつ搬出された。
初日はクハ762とモハ712、二日目はモハ711とモハ722、最終日はクハ761とモハ721が搬出された。

地方に譲渡された京王5000系にも世代交代の波が押し寄せてきた。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

銚子電鉄2000形に「犬吠」「迎光」ヘッドマーク – 2011年1月1日

銚子電鉄 2000形 「犬吠」「迎光」ヘッドマーク
2011年1月1日、銚子電鉄では初日の出客輸送の為2000形2本で運転された。
京王グリーンの2001編成には、「高尾」がモチーフの「犬吠」ヘッドマークが取り付けられ、
アイボリーに臙脂帯の2002編成には「迎光」HMが取り付けられた。
京王の「高尾」「迎光」HMはホームベース型の五角形だが、銚子電鉄のHMは四角形だった。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

銚子電鉄2000形 外観に変化 – 2010年12月30日

銚子電鉄 2000形 塗装変更
今月末で営業開始から5か月ほど経った銚子電鉄2000形だが外観上に変化が現れた。
アイボリー塗装に側面広告ラッピングされている2002編成の両先頭車前面に臙脂色の帯が追加され、
湘南顔のデハ2002は前面窓ガラスの押さえ金部分が白いペンキで塗装され、京王帝都時代の「ニセ新車」が蘇った。
京王グリーン編成のデハ2001は、前面窓ガラス押さえ金が白色のペンキで塗装され京王帝都現役時代に近づいた。
銚子電鉄 2000形 塗装変更
外川方先頭車のクハ2502に臙脂帯を巻いた姿は少し細身だがまるで5000系のようだ。クハ2501は変化無し。

ここまでやったなら車体番号が京王書体になれば良いなあと思ってみたり。
続きは京王資料館の車両との比較を。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

高松琴平電気鉄道琴平線1100形 1103編成

高松琴平電気鉄道琴平線 1100形 1103F
琴電琴平線で活躍中の1100形。車体は京王5000系で、台車は京急1000形のTS-301。
1969年東急車輌製、1997年京王重機改造。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

京王資料館(京王電鉄平山研修センター)特別公開 – 2010年4月4日

2010年4月4日、日野市主催の第五回平山季重まつりのイベントで、通常非公開の京王資料館が特別公開された。

京王帝都電鉄5000系 クハ5723 保存車 京王研修センター

▲京王5000系 クハ5723。車内も公開されていた。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 京王5000系

Search
Feeds
Meta

Return to page top