Home > Tags > KAI

KAI

Dipo Depok入場中のDjoko Vision – Seri5000 66F

PT.Kereta Api Indonesia Seri5000 66F Dipo Depok入場
昨年の入場で液晶の車内案内装置が設置され、Djoko Visionと愛称がつけられた66F。
出場したDjoko Visionを見たいと思っていたのですが、11月はDipo Depokで検査入場中でした。

作業台が車両に当たっていますがディダアパアパ。気にせずいきましょう。
車両基地への訪問は事前に許可申請が必要です。許可を得て係員付添いの上撮影しています。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

タンゲラン線 デュリ駅橋上駅舎化へ

Stasiun Duri
Tangerang線の起点Duriの国際化に伴い、先月末線路市場が強制撤去されたのは記憶に新しいところです。
撤去から10日程経過し、市場復活なるかと淡い期待を抱き、行ってみると駅には大きな完成予想図がありました。
KCJが発行した運賃値上げに理解を求めるポスターには左のイラストの一部が掲載されていましたが、
駅に掲げられていた横断幕はより詳細で断面図や駅を上空から見た平面図も描かれていました。

さて気になる線路市場はどうなったのでしょうか。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

KAI Commuter Jabodetabek COMMET 発売再開

PT. KAI Commuter Jabodetabek - Kartu Commet
今年2月に発売されたジャボタベック圏のICカード、COMMET。長らく売り切れでしたが今月数量限定で再販。
カードだけの販売は無く、定期券と抱き合わせでの販売だったため滞在中で一番高い買い物となりました。

表面に東京メトロ7000系7117Fが描かれたCOMMETですが日本国内では使えませんのでご注意を。
試しに某地下鉄の自動改札のリーダーにかざしてみましたが反応はありませんでした。
日本の交通系ICで採用されているSonyのFelicaではないものの、NFC規格ではあるようです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

KAI Seri5000 元東京メトロ東西線5000系66Fに車内LCD装置取付

あけましておめでとうございます。
日本の中古電車が並ぶ、Dipo Depok デポック車両基地
この日は駅事務所で許可証を発行して頂こうと思っていたのですが担当者の方がお休みということで、
Kresna君とFaris君と一緒に敷地外からDipo DepokとBalai Yasa Manggaraiを見学するツアーに参加。
デポデポックには跨線橋が3カ所がありまして、そこからみる光景は日本の車両基地そのもの。
日本のODAで建設されただけあります。Faris君曰く新木場みたいとのことで、まさにそのとおり。
行徳分室を跨ぐ妙典橋が完成すれば、同じように橋から車庫を一望できるようになるかもしれません。
ヲタトークを繰り広げているうちに「5000系に液晶モニタが取付けられている」と興味深い一言が。
どうもそれが気になっていたので滞在最終日の29日に車両基地内で調査してきました。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

KAI Seri103 JR Central color – 元JR東日本103系がJR東海色に

KAI Seri103 JR東日本103系 E21 dan E22 東海色
Balai Yasa Manggarai(マンガライ工場)では元JR東日本103系ケヨE20,E21,E22編成が入場中。
撮影禁止のエリアを抜けると東海色になったE22編成とE21編成が待っていました。
先月E27編成がメタリックホワイトにオレンジとグリーンの帯を巻いたJR東海色で営業復帰しています。
高運のE22編成は前面の飾り帯を磨き出してステンレスの地を出せば締まりが出そうです。

お約束ですが、事前に許可証の発行を受けた上、職員の付き添いの元撮影しています。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > KAI

Search
Feeds
Meta

Return to page top