ブエノスアイレス 丸ノ内線500形稼働編成 (2019年3月中旬現在)

アルゼンチン ブエノスアイレス 丸ノ内線500形
フィナーレ500記念号のヘッドマークを掲げて走った637号車も現役。1996年7月20日以来の乗車。あれから20年以上経過しても現役。J.M.Rosas駅にて。

2019年3月中旬にアルゼンチンのブエノスアイレス地下鉄B線で営団丸ノ内線500形の稼働編成を調査した。
稼働が確認できた営団500形は全15編成。編成の内訳はA, C, D, E, G, H, I, K, L, M, N, O, P, Q と S編成。この15編成は黄色いメトロビアス仕様のラッピングだった。2017年時点で赤い塗装姿が確認されているT編成については、滞在期間中の運用入り及び姿の確認ができなかった。
週末土休日ダイヤでの営団500形の運用は1運用のみで、そのほかの運用は全車マドリー出身のCAF6000で運用されていた。また、CAF5000は運用離脱しているようである。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
ブエノスアイレスの朝ラッシュ。通勤客を運ぶK編成。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
トラ柄ラッピングのH編成。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
D編成はラッピング。A編成は黄色にグレーの帯を巻くタイプのカラー。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
K編成。前面行先表示機両脇の方向識別灯が板で埋められている。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
S編成の740号車。貫通扉周りに幌枠がついている。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
N編成に組み込まれている300形304号車。ブエノスアイレスに渡った車両の中で一番古い。
老朽化が進む営団500形、現地鉄道サイトによるとCAF6000で置換えるつもりだったが、営団500形置換え分の10編成は新車を入れるようだ。CAF6000は製造から数十年経過し老朽化していることと、中間運転台があることで収容力が低く、貫通化されておらず火災時の避難誘導に懸念があり、評判があまりよくないことがうかがえる。第二陣ではCAF6000の置換えを行うとのことで、CAF6000の再購入はしないとは書かれていた。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
地下鉄駅の駅長犬ペロ氏。乗客に頭をなでられていたことから接客もなれている様子。管理駅への集金業務なのか地下鉄に乗ってどこかへ行ってしまった。
ブエノスアイレスの鉄道駅に犬がいる様子を滞在中何度か見かけた。地方のネウケン空港ではカウンター横の空港警察事務所前を警備している野良犬がいた。
日本で野良犬を見かける機会が無いのと、ジャカルタでも宗教的理由で犬を見かけないので、珍しい光景に思えた。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
ファンデリア。営団マーク付き。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
光る予備灯。分岐器通過時などサードレールが途切れる箇所で点灯する。電動発電機の回転が落ちて蛍光灯がちらつくことはあったが、完全に真っ暗になることはなかった。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
ハポネス。日本語。語学大の天井広告。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
方向幕対照表のハポネス。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
中間運転台の車掌スイッチにもハポネス。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
運転台機器にもハポネス。

アルゼンチン ブエノスアイレス地下鉄 丸ノ内線500形
一瞬ドキッとするもGaseosaの広告。赤いボディに白い帯を巻いた全面広告ラッピングに期待してますことこと。

参考ページ:2427junction.com ブエノスアイレス地下鉄 元 営団地下鉄500形